2016年02月03日

臨床仏教研究所公開研究会「現代米国における仏教チャプレンシー」を開催します。

臨床仏教研究所では、米国仏教チャプレン事情の報告をもとに、わが国のスピリチュアルケア、いのちのケアをリードする諸氏を交えて公開研究会を行い、今後の発展と協働を模索するための公開研究会を開催します。

■日程・場所
日 程: 2016年4月19日(火曜) 13時〜17時
場 所: 東京大学仏教青年会会館

■プログラム
発題1  古村文伸氏「米国仏教チャプレン教育の実際」
発題2  ジョナサン・ワッツ氏「米国仏教チャプレン教育の現状について」

コメント&ディスカッション(予定) 
コメント1 島薗 進氏「臨床宗教教の視点から」
コメント2 窪寺俊之氏「米国のCPEからの視点から」
コメント3 蓑輪顕量「エンゲイジド・ブッディズムの視点から」
モデレーター 神 仁(臨床仏教研究所)
総合司会 大河内大博(いのち臨床仏教者の会)
posted by 全青協 at 14:13| 公開講座

第2期臨床仏教師養成プログラムOJT考査を開催いたしました。

2015年11月27日に第2期臨床仏教師養成プログラムOJT考査が開催されました。厳正な審査の結果、6名の方が合格し本年4月から10月までの6カ月間にわたり、教育、福祉、医療などさまざまな臨床現場で実習に入ります。本年中には新たな臨床仏教師が誕生する運びとなります。
posted by 全青協 at 13:52| お知らせ

2015年09月30日

第2期ワークショップ課程 第1講開催報告

2015年4月22日、第二期ワークショップ課程の第1講は「仏教カウンセリング・傾聴法」というテーマで、仏教的なケアの手法の一つである「傾聴」について学び、カウンセリングを行うための心構えについて講義が行われました。講師は、神仁 臨床仏教研究所上席研究員です。
rinbutsu2015.4.22a.jpg

冒頭では、どのような方がこの第二ステップに参加しているのか互いに知るために、二人一組になり、この講座に参加した理由と、今後どのような現場で活動したいかなどをインタビューし、全体の前でそれぞれ相手の紹介をする「他己紹介」が行われました。
そこでは対話のポイントや、“相手のペースを優先して会話する”といったことなど、円滑なコミュニケーションの方法が神研究員より説明されました。

また、臨床仏教師としての活動の基礎は、「ケア対象者に同情するのではなく、仏様の存在を常に感じながら、相手の心に寄り添い共感するということ」だと神研究員は強調します。「昨今、仏教界では法話や説法といった“発信”が重視され、相手の心に寄り添って聴くという“受信”の力が、全体として不足しているように感じられます。宗門校など僧侶育成の現場においても、全ての方々にケアの基礎を学んでいただければ」と、今後の日本仏教界の展開に期待をこめました。
rinbutsu2015.4.22b.jpg

その後も、配布された資料をもとに、4〜5人のグループに分かれてワークが行われました。ワークを体験することによって、「相手の気持ちを理解しようとするとき、自分がこれまで培ってきた経験や価値観によって相手のことを判断してしまいがちだ」ということを多くの方が感じられたようです。「自分とは異なる価値基準を持つ他者の意見をグループシェアで聞くことができました。チームとして話し合うことで、ケア対象者の心に多角的に気付き、寄り添うことができるのでは」といった声なども寄せられました。
当初は皆さん緊張されている様子でしたが、ワークを通して次第に笑顔も見え、互いに学び合う仲間として一歩を踏み出す講座となりました。
posted by 全青協 at 12:38| Comment(0) | ワークショップ