2015年09月30日

第2期ワークショップ課程 第1講開催報告

2015年4月22日、第二期ワークショップ課程の第1講は「仏教カウンセリング・傾聴法」というテーマで、仏教的なケアの手法の一つである「傾聴」について学び、カウンセリングを行うための心構えについて講義が行われました。講師は、神仁 臨床仏教研究所上席研究員です。
rinbutsu2015.4.22a.jpg

冒頭では、どのような方がこの第二ステップに参加しているのか互いに知るために、二人一組になり、この講座に参加した理由と、今後どのような現場で活動したいかなどをインタビューし、全体の前でそれぞれ相手の紹介をする「他己紹介」が行われました。
そこでは対話のポイントや、“相手のペースを優先して会話する”といったことなど、円滑なコミュニケーションの方法が神研究員より説明されました。

また、臨床仏教師としての活動の基礎は、「ケア対象者に同情するのではなく、仏様の存在を常に感じながら、相手の心に寄り添い共感するということ」だと神研究員は強調します。「昨今、仏教界では法話や説法といった“発信”が重視され、相手の心に寄り添って聴くという“受信”の力が、全体として不足しているように感じられます。宗門校など僧侶育成の現場においても、全ての方々にケアの基礎を学んでいただければ」と、今後の日本仏教界の展開に期待をこめました。
rinbutsu2015.4.22b.jpg

その後も、配布された資料をもとに、4〜5人のグループに分かれてワークが行われました。ワークを体験することによって、「相手の気持ちを理解しようとするとき、自分がこれまで培ってきた経験や価値観によって相手のことを判断してしまいがちだ」ということを多くの方が感じられたようです。「自分とは異なる価値基準を持つ他者の意見をグループシェアで聞くことができました。チームとして話し合うことで、ケア対象者の心に多角的に気付き、寄り添うことができるのでは」といった声なども寄せられました。
当初は皆さん緊張されている様子でしたが、ワークを通して次第に笑顔も見え、互いに学び合う仲間として一歩を踏み出す講座となりました。
posted by 全青協 at 12:38| Comment(0) | ワークショップ

2015年05月01日

第1期 臨床仏教師が誕生

2015年4月21日(火)東京グランドホテルにて資格認定式を開催いたしました。また、国立台湾大学附属病院 陳 榮基教授による記念講演ならびに、台湾で臨床仏教宗教師を育成する仏教華連基金会と当研究所による協働調印式を執り行いました。詳細は、下記リンクより週刊仏教タイムス掲載記事(PDF)をご参照ください。

記事はこちら
posted by 全青協 at 11:43| Comment(0) | お知らせ

2015年04月30日

第2期臨床仏教公開講座 第10講開催報告

2015年2月18日、臨床仏教公開講座第10講は「現代社会における臨床仏教師の使命」と題し、臨床仏教の意味、そして臨床仏教師に求められている役割とその実践について講義が行われました。講師は、神仁 臨床仏教研究所上席研究員です。
rinbutsu2014.2.18b.jpg


まず、神研究員は、2009年に当研究所で実施された「寺院と葬儀に関する一般人の意識調査」をもとに、「約7割の回答者が、“宗教は精神的な拠り所となり、死に直面したときには心の支えになる”という回答が得られている」と説明しました。一方で、「死に直面したとき、お坊さんが心の支えになるか」という問いには7割もの方が否定的な回答をしていることを紹介し、その意識のズレについて「仏教者が今後解消していかなければならないギャップがまさにそこにある」と指摘しました。

当研究所が提唱する「臨床仏教」には、「個の霊的な領域、および人間の生老病死にまつわるさまざまな社会事象における苦悩に向き合う仏教の様態」という概念が含まれています。神研究員は、「お釈迦さまから続く“人々の苦しみに寄り添い共感しようとする”仏教のありようが、今求められているのではないでしょうか」と、見解を述べるとともに、アジアの中でも先進的に「臨床仏教宗教師」によるターミナルケアが行われている台湾における事例を紹介しました。

また、臨床仏教師に求められるものとして「信じる力(信仰・他者と相互の信頼関係)、自分を知る力(自己の内省)、聴く力(傾聴)、寄り添う力、方便の力(対機)」という5つの力を提示しました。神研究員は、臨床仏教師の基本理念として宮沢賢治の『雨ニモマケズ』を引用しながら、「“自分を勘定に入れない”境地を目指すことは、決して華々しいことでも目立つことでもない。一生涯、自らの信に向き合い、学び続けることを前提として、日々精進していただければ」と述べ、本講座を締めくくりました。
posted by 全青協 at 15:00| Comment(0) | 公開講座