2016年02月03日

平成27年度第5回 生と死を見つめる集い ―今日一日を輝いて生きるために―

皆さんの一日一日は、いま、輝いていますか?
 仏教では生老病死という四苦を説きます。この世に生を受けた者はやがて老い、病を得て死を迎えねばならないという道理です。なぜ生老病死が苦しみとなるのか? それは執着によるものだとも説いています。一つひとつの執着を離れることによって私たちは苦しみから解き放たれ、自由な日常を送ることができるというのです。
 さて、第5回「生と死を見つめる集い」では、生活困窮者等の"支縁"活動を通じて得た学びをもとに、仏教の死生観を紐解きながら、生死を超えて自由なこころで毎日を過ごすための方途を探っていきます。
 やがて迎える旅立ちのときに、微笑をもって「ありがとう」と言える自分自身であるために――。

■日 時:平成28年2月18日(木)午後1時〜4時
■会 場:築地本願寺聞法ホール(中央区築地)
■ 講 師:吉水岳彦〈臨床仏教研究所研究員・大正大学非常勤講師・博士(仏教学)〉
■ 演 題:「生活困窮者の看取りから見えてくるもの」(仮題)
■主 催:(公財)全青協・臨床仏教研究所
■ 参加費:1000円

※平成28年度第1回は、4月21日(木)を予定しています。

お問い合わせ先:(公財)全青協・臨床仏教研究所
〒104-0045東京都中央区築地3-7-5
築地AIビル5階
電 話:03-3541-6725
e-mail: thinktank@zenseikyo.or.jp
posted by 全青協 at 16:14| 公開講座