2016年02月03日

臨床仏教研究所公開研究会「現代米国における仏教チャプレンシー」を開催します。

臨床仏教研究所では、米国仏教チャプレン事情の報告をもとに、わが国のスピリチュアルケア、いのちのケアをリードする諸氏を交えて公開研究会を行い、今後の発展と協働を模索するための公開研究会を開催します。

■日程・場所
日 程: 2016年4月19日(火曜) 13時〜17時
場 所: 東京大学仏教青年会会館

■プログラム
発題1  古村文伸氏「米国仏教チャプレン教育の実際」
発題2  ジョナサン・ワッツ氏「米国仏教チャプレン教育の現状について」

コメント&ディスカッション(予定) 
コメント1 島薗 進氏「臨床宗教教の視点から」
コメント2 窪寺俊之氏「米国のCPEからの視点から」
コメント3 蓑輪顕量「エンゲイジド・ブッディズムの視点から」
モデレーター 神 仁(臨床仏教研究所)
総合司会 大河内大博(いのち臨床仏教者の会)
posted by 全青協 at 14:13| 公開講座