2017年11月02日

INEB国際シンポジウムin 台北を開催いたします

今日的な臨床仏教をリードしてきた台湾の仏教会が中心となり、臨床仏教研究所が協力して11月22日(水)に台北にて「台湾における終末期ケアとホスポスケア」を開催いたします。また、24日から26日にかけてはINEB国際会議が開催されます。詳細につきましてはPDFをダウンロードしてご参照ください。


INEB国際総合会議@台湾 のご案内

慈悲による対立改革

Transforming Conflict through Compassion


仏教が誕生して2500年余りを経た現代社会。
環境破壊、暴力による対立社会、自死・孤立・格差などのさまざまな社会苦・・・わたしたちは今、この世界をどのように見つめ、多様性を受け入れながら「共生」を図ることができるでしょうか。
INEB(International Network of Engaged Buddhist)は、1989年にタイで創設され、仏教団体・NGO、仏教・宗教研究者、またダライ・ラマ14世やティック・ナット・ハン等の世界の精神的リーダーのサポートのもと、アジア・世界各国において人びとの苦楽に寄り添った活動を行ってきました。また近代化・グローバル化が抱える課題に対して、国家や宗教を超えて国際会議や提言を行い、世界をリードしてきています。
2017年は、台湾においてINEB総合国際会議が開催されます。会議では、台湾における臨床仏教の歴史と課題、また台湾が世界をリードする仏教に即したホスピス医療ケア・終末期ケアのあり方を仏教徒・社会活動家・研究者とともに分かち合い、学び会います。さらには、多くの活動事例を通じて、全世界から集まった“サンガ”コミュニティのなかで、ネットワークや情報共有を行っていきます。
日本の臨床仏教は、世界の臨床仏教、21世紀への世界の挑戦と、どのように交じり合い、シナジーをつくりだすのでしょうか・・・11月、台湾でその答えを一緒に解き明かしてみませんか。

開催概要
共催 法鼓文理學院
The International Network of Engaged Buddhists (INEB) 国際総合会議

日程 2017年11月22日−29日
※詳細は添付の日程表をご覧ください
22日:公開シンポジウム「終末期ケアとホスピスケア」 ※詳細はこちら(PDF)
    23日:見学ツアー「環境に配慮したケアと人間的ケアのあり方」@慈済会
    24〜26日:INEB国際総合会議
    27〜29日:リトリートプログラム
※英語でのご案内はこちらをご覧ください
http://inebnetwork.org/30165-2/

会場 台北市・桃園市等

参加費・お申込み・お問い合わせ
臨床仏教研究所では、本件に関するお問い合わせ・お申込みを行っていません。
お問い合わせ・お申込みのご連絡は、下記までお願いいたします。

JNEB(Japan Network of Engaged Buddhists)事務局
ジョナサン・ワッツ ogigaya(アット)gmail.com /080-8911-5114
山下千朝 chisa19860928(アット)hotmail.co.jp
   *(アット)を@に変えてご連絡ください。

*ご参加に関してのご案内
@プログラムのご参加には、事前のお申込みが必要です。
締め切り/10月31日
Aプログラムのご参加に際しては、部分的に参加することが可能です。
(例:22日開催の公開シンポジウムのみ参加等)

参加費・交通手段等、個別にご相談できればと存じますので、まずはお気軽にお問い合わせください。
posted by 全青協 at 10:54| Comment(0) | お知らせ

2017年10月05日

公開シンポジウム「いのちのケアとスピリチュアリティ」悲しみ・苦しみに寄添うマインドフルネス

 マインドフルネス瞑想は、今日全世界において医療やビジネス、スポーツの分野において広く実践されるようになってきました。マインドフルネス瞑想の源は仏教の教えの中にあり、その実践は単にストレスを軽減するばかりではなく、人の心そのものを平穏な状態に保つ効果があります。特に自死念慮や災害時に生じたトラウマ(心的外傷)、身近な人を亡くしたグリーフ(悲嘆)からの回復には高い影響力を示します。
 また、さまざまな悲しみや苦しみを抱えた方の心に寄り添い、回復を支援するためには、医療や福祉の分野などで活動する支援者自身がマインドフルな状態であり、智慧に基づくエネルギーを保持することが必要です。
 今回のシンポジウムでは、世界各国でマインドフル瞑想を実践しトラウマやグリーフを抱える人々のケアに当たってきた第一人者をゲストスピーカーとしてお招きします。それぞれのゲストスピーカーの臨床経験を通じて、日本における各分野でのマインドフルネスな個々のスピリチュアリティに根ざした「いのちのケア」のあり方について考えるものです。
 多くの方々のご参加をお待ちいたしております。

発題者&パネリスト:
イレーヌ・ユーエン:ナローパ佛教大学CPE講座教授(マインドフルネス瞑想と心理学)、アメリカ
グスターブ・エリックソン師:ルーテル教会付属病院チャプレン(インターフェイスチャプレンシー、曹洞宗得度)、スウェーデン
チョウシタ・パワスティパイシト:精神科医(小児・青春期の若者に関するマインドフル瞑想の研究と実践、止観とチベット仏教を実践)、タイ
※国際線のフライト等の状況により登壇者が変更になる場合もありますので、予めご了承ください。

コメンテーター:
伊藤高章:上智大学 
下山直人:東京慈恵会医科大学 

モデレーター:
神 仁:臨床仏教研究所・東京慈恵会医科大学
ジョナサン・ワッツ:臨床仏教研究所・慶應義塾大学

期 日:
11月4日(土)13:00〜17:00


会 場:
 東京慈恵会医科大学2号館1階講堂
(東京都港区西新橋3−19−18、地下鉄都営三田線御成門駅より徒歩3分)

参加費:
一般:2000円、学生:1000円
(同時通訳用のレシーバーは別途500円で貸し出しいたします)

申し込み:
不 要(当日会場にて受付いたします)

定 員:
150名(先着順)

主 催:
 ・(公財)全国青少年教化協議会 臨床仏教研究所
 ・上智大学 グリーフケア研究所
 ・東京慈恵会医科大学付属病院緩和ケア診療部

問い合わせ先:
全青協・臨床仏教研究所:03−3541−6725 thinktank@zenseikyo.or.jp
上智大学グリーフケア研究所:03−3238−3776 griefcare@sophia.ac.jp

詳細につきましては、下記パンフレット(PDF)をご参照ください。

rinbutumind.JPG
posted by 全青協 at 18:00| Comment(0) | 公開講座

2017年09月07日

「平成29年度 臨床仏教研究所公開研究会」を開催いたします

 仏教者は苦しみを抱える人びとのこころにどのように寄り添うことができるでしょうか。生老病死の苦しみの現場に自ら足を運び、その声やこころを聴く臨床仏教師の存在は、多くの苦を抱える現代社会において求められるべき存在と言えるでしょう。
 全国青少年教化協議会・臨床仏教研究所では、「平成29年度 臨床仏教研究所公開研究会」を下記の通り開催いたします。
 同研究会は、日頃より寺院等を中心に教育・福祉・医療等の臨床現場において活動されている臨床仏教師の方々に、その活動についての事例発表を行って頂き、他の活動者の方々と共に情報共有やネットワークづくりの場を提供するために企画するものです。
 多くの皆さまのご参加をこころよりお待ちしております。

◆開催概要◆ 

日 時:2017年9月27日(水) 13:00〜16:30

会 場:東京グランドホテル4階 芙蓉の間(東京都港区芝2−5−2)

内 容:○活動発表 ○指定討論 ○パネルディスカッション 等 

参加費:発表者・全青協&臨床仏教研究所会員・学生:無料 
    一般:1000円

定員:50名(先着順)

✤参加を希望される方は、 2017年9月20日(水)までにFAXまたはメールにてお申込み下さい。(FAX:03-3541-6747  Mail: thinktank@zenseikyo.or.jp)

申込書は大会参加ご案内状 .pdfをご利用下さい。
posted by 全青協 at 16:59| Comment(0) | 公開講座